きくの慢慢世界放浪記

オーバー30女子の旅日記

マレーシア・クアラルンプールのお店で食べたカレーたち|マレーシア|ひとり旅|旅とごはんとわたし|2019

わたしの初めての東南アジア旅は、2019年、台湾ワーホリからまっすぐ向かったマレーシアでした。(そのまま、ミャンマー→タイに移動)

f:id:kikukikuku:20201209150404j:plain

KLCC公園にて

冬でも朗らかな気候の台南から、1日中20℃くらいしかない天気の台北へ移動。そこから、夜なのに36℃もあるマレーシア・クアラルンプールへと降り立ったのです…!

とりあえず1ヶ月ずっと暑すぎて、滞在中「わたし、めっちゃ楽しんでる〜」という感覚は1回もなかったのですが(笑)、お料理はそれなりに楽しんでいたかなと思います。

多民族国家のマレーシアには、インド系の人も多く、本場インドのカレーがレストランでも屋台ででも食べることができます。

マレーシア4大料理の中には、脂っこかったり、酸味があったりするものもあって、胃が疲れることもありましたが、そんなときは迷わずインド料理を食べに行きました。

カレーってどうしてこんなにおいしいんでしょうか。

今回は、そんなマレーシア・クアラルンプールのお店で食べたカレーを写真とともに振り返ります。

 

【Tg's Nasi Kandar】のパニールバターカレー

f:id:kikukikuku:20210124193534j:plain

人生で初めて食べたパニールバターカレー

アジア1の屋台街と評される「ジャラン・アロー」というストリートの裏にある、レストラン「Tg's Nasi Kandar」のパニールバターカレー。

f:id:kikukikuku:20210124202211j:plain

これがパニール(チーズ)

カッテージチーズのような白いチーズが入っているカレーです。

普段日本で暮らしていて(というかこの田舎に住んでいて)、チーズナンは食べれてもチーズが入ったインドorネパールカレーは珍しく、ちょっとした憧れだったのですが、マレーシアでやっとこさ食べることができました。

これがめちゃ旨で!滞在中に4回訪れて、3回これをオーダー笑

日本人も食べやすいバターが濃厚なカレーで、辛いのあまり好きじゃないわたしもおいしくいただくことができました。

そういえばこのお店では、初めてソルト・ラッシーなるしょっぱいラッシーも初体験。

ソルトラッシーってなんやねんという人は、こちらの記事をチェック☆

www.kikuat.work

店員さんみんなナイスガイなので、ひとりで行くのも嫌じゃなかったです。

ジャラン・アロー近くのホステルに泊まる方は、ぜひ行ってみましょー!

▷▷ 地図

 

【Nasi Kandar ARRAAZIQ】のチーズナンとサンバル

f:id:kikukikuku:20210124193513j:plain

チーズナンとサンバール

Plaza Low YatやSungai Wang Parkingといったデパートの近くにある「Nasi Kandar ARRAAZIQ」というお店のチーズナン。

チーズナンを頼むと、サンバール(豆のスープ)(マレー料理のサンバルとは違うものだと今知りました。いや、ずっと疑ってはいたんですがやっぱり違うんですね)がついてきます。

このチーズナン、チーズがちょっと赤っぽい色をしていて、牛乳のチーズではなかったのかなーと思いました。伸びもそんなによくなかったんですよね。

水牛?ヤギ?それとも質の問題??

ただ、ナンもサンバールもおいしかったです。

わたしはこれにテタレ(Teh Trik)やテアイス(Teh Ice)といった飲み物をオーダーしていただきましたが、合計でたぶん200円くらいしか払ってなかったので、なんか申し訳なかったな…と、今更思うのでした。

f:id:kikukikuku:20210124202225j:plain
f:id:kikukikuku:20210124202238j:plain
ナシゴレンパタヤ(Nasi Goreng PATAYA)

このお店には2回行ったのですが、1回目はこのナシゴレンパタヤという、鶏肉のチャーハンを卵で包むお料理を頼みました。

パタヤは、みなさんご存知「タイ王国」の街ですが、マレーシアやインドネシア料理として東南アジア全域で食べられているんだそう。

わたしの記憶が確かなら、酸っぱ辛かったはず。(wikiには甘めって書いてあったけど)

小麦粉続きだったのでごはん料理で胃を浄化しようと思っていたのですが、飛んだ誤算でした。

 

お店は24時間いつも忙しそうでしたが、店員さんもオーダー取るの気にしてくれたし、本読んでゆっくりしてても何も言われなかったので個人的にははなまるです。

▷▷地図

 

マレーシアで最後に食べたトマトパニールカレー

f:id:kikukikuku:20210124193257j:plain

トマトパニールとロティとテアイス

こちら、残念ながらGoogle上でお店の情報が見当たらず、言葉と写真だけの説明になります。

KLセントラル(クアラルンプールの中心の駅)の近くにあったカレー屋さんで食べた、トマトパニールカレー。

f:id:kikukikuku:20210124204748j:plain

じゃじゃん

トマトベースのカレーにパニールが入った、わたし得のひと品。

カレーもチャパティもおいしかったのですが、ここを出た後下痢とめまいに襲われてしまい、具合が悪いまま翌日早朝ミャンマーへと旅立ったのはいい思い出となっています。

f:id:kikukikuku:20210124204759j:plain

テタレとテアイス

カレーの油?もしくは、テタレとテアイスを3杯も飲んでしまったのが原因?(カフェイン)

本当に二日酔いのような具合悪さで、その後の2週間もずっとその調子。おまけにミャンマーがマレーシアよりももっともっと暑かったので、体調が元に戻ったのは3週間後のミャンマーを離れるときでした。

辛かった…!

 

カレーだけでも楽しい旅ができそう!

f:id:kikukikuku:20210124204828j:plain

華僑の人が多い地区で見つけた中華っぽい飾り

今回紹介したようなお店以外でも、そこらへんの屋台で手軽に本格的なカレーが食べられるマレーシア。

食べ慣れないニョニャ料理やマレー料理が口に合わない!というときも、インド料理や中華がそこらじゅうにあるので、どんな人もおいしい旅ができるはず。

暑いけど!

今度は暑くない時季に行ってみたいと思うのでした。

 

きく

 

パニールバターカレーを試してみたい方はこちらで購入可能です!