きくの慢慢世界放浪記

オーバー30女子の旅日記

【台南ワーホリ】台湾ワーホリ&台湾語学留学の家&部屋探しの方法|台湾ワーホリ|台南語学留学

f:id:kikukikuku:20180725184005j:plain

雨の日の台南カタツムリ

台湾では2018年から2019年の約1年間をワーホリ、

2019年12月から2020年3月までの約3ヶ月を語学留学で過ごしました。

台南が気に入ってしまって、結局は語学留学の場所にも台南を選びました。

台南に戻るために語学留学したと言っても過言ではない

台南の物価の安さ、1年中暖かい気候、街の規模なども考えると、わたしにとってベストな場所だったんだと思っています。

今でも大好きです。

 

この記事では、簡単にですが、わたしがどのように滞在先を見つけたかを説明します ^^

 

 

台湾ワーホリでのお部屋の見つけ方

台中での家探し、友達や家族のサイン&2年縛りに泣く

f:id:kikukikuku:20180317175719j:plain

台中の路地

約1年のワーホリ期間の大半を、台南で過ごしたわたし。

最初は台湾の真ん中の街・台中で家探しを1ヶ月ほどしていました。

しかし、台中ではどこの大家さん・不動産屋さんもわたしの友達や家族のサイン・電話番号などが必要だと言うので、

なんのツテもなく台湾へやってきたわたしには無理な話でした。

あと、普通の契約は日本と同じく2年からという縛りも多く、普通に借りるのは無理なのかなあと半ば諦めていました。

 

高雄での家探し、諦めて1年のホステル暮らしを覚悟する

f:id:kikukikuku:20200222164627j:plain

高雄の猫

日本から仕事を持ってきていて少しだけお金に余裕があったので、このままホステル暮らしでもいいかな〜と思って、あまり家探しせず。

家探しアプリ「591」はとりあえず眺めていましたが、行動はしませんでした。

 

台南での家探し、結構あっさり見つかる

f:id:kikukikuku:20180627150722j:plain

台南の路地裏

さて、わたしの運命の街・台南。

なーんの期待もせず、なんだったら着いてすぐの印象が最悪で、しかも1ヶ月泊まったホステルが最低で「あ、高雄帰ろう☆」と思ったっほどだったのですが、

なんとここでお部屋が見つかってしまいました

 

部屋探しに使ったのは お部屋探しアプリ「591」

台湾ワーホリのお部屋探しは、お部屋探し定番アプリ「591」を使いました。

中国語ができなくても扱うことができるので、台湾でのひとり暮らしを考えている人は是非ダウンロード、もしくは下記のURLから覗いてみてください。

www.591.com.tw

 

ワーホリは短・中期契約できるお部屋がオススメ♡

f:id:kikukikuku:20190916114839j:plain
f:id:kikukikuku:20190916114830j:plain
契約書

狙ったわけではないのですが、591で見つけてコンタクトを取ったのが短・中期の滞在者向けのお部屋でした。

短い人は1週間から滞在でき、わたしは1度延長をお願いして、結局10ヶ月近く滞在しました。

わたし以外のサインも連絡先も要らず、1週間以上であれば期間の縛りもなし!

契約書もしっかりとしていて、大家さん家族は英語も話せたので、契約に際して不便に感じることはありませんでした。

立地がよすぎて家賃は高かった(中期滞在だったので8,300元、短期だと9,000元)のですが、三越やそのほかのデパート、コンビニ、カフェ、病院、台南駅が最寄りで便利でした。

人生初の都会暮らし♪ を台湾でした感じ 笑

 

 

台湾語学留学でのお部屋の見つけ方

成功大学が手続きしてくれる宿舎に滞在しました

f:id:kikukikuku:20191209141027j:plain

台南駅前

ワーホリ後、東南アジアをめぐって日本に一時帰国。そして今度は語学留学で台南に戻りました。

語学留学では、大学を通して希望を出した宿舎に宿泊。

希望通りの宿舎には滞在できなかったのですが、まあまあ快適な毎日を過ごすことができました。

(宿舎の様子はまた今度、違う記事にしたいと思っています。)

 

大学では自力でお部屋を探すサポートもしてくれる様子

f:id:kikukikuku:20191209150852j:plain

宿舎のわたしの部屋

もし、宿舎以外のアパートなどに滞在したい場合は、大学でも相談に乗ってくれるはず。

希望があったら、メールで問い合わせてみるのもいいと思います。

また、先ほどご紹介したアプリ「591」を使って探すのもアリです。

3ヶ月だけの留学でも、ワーホリ時にわたしが滞在したような短期のお部屋もあります。

 

台湾暮らしは家賃がモノを言う!?

f:id:kikukikuku:20190823143250j:plain

ワーホリ時代のお部屋

わたしのワーホリの反省は、家賃が高い場所に住んだことだったと思います。

ワーホリ時代の家賃は8,300元(約28,000円、当時なら30,000円)、留学時代はなんとたったの5,300元(約18,000円、当時なら20,000円)。

どちらも電気代以外の水道代、インターネット代、テレビ代は込みのお値段ですが、ワーホリ時代のお部屋には窓がなかったので少し高いですよね。

台南全体の物価は安いので、家賃を抑えればかなり安く暮らせるのでは?と思います。

 

実際、留学時代は台湾での生活費は月50,000円、もしくはそれ以下で暮らすことができました。

 

台南×ワーホリ&留学の相性は最高!

f:id:kikukikuku:20200222171221j:plain

台南猫

こんな感じで、わたしは台南でのお部屋を見つけました。

台南は物価も安くて1年中お天気!

おいしいものがたくさんあって、街並みも台南味溢れているので毎日が観光気分です。

現在、コロナウイルスの関係で、台湾で新生活を始めるのがむずかしい状況ですが、

落ち着いた頃、もし台湾での暮らしを始めたいという人がいれば、台南は最高の場所ですよ♡

 

きく(@kikukikukikuku